家族葬で故人を見送る【ファミリースタイル法】

葬式

遺品の処分に困ったなら

遺品整理

孤独死は案外身近に起こっている問題でもあります。年々孤独死が増加していく中で遺品整理を行っている会社も増えつつありますのでもし自身の身の回りで孤独死が発生した場合の対処として、遺品整理の存在を知っておくと良いでしょう。

詳細を読む

移動の必要がない斎場

お墓

東京の五反田には民間が運営する桐ヶ谷斎場があります。この斎場は火葬場や遺体霊安室を持っており葬式をこの斎場であげると決めたなら、わざわざ移動をしなくてもよい斎場になっています。利用料金も安くいろいろな葬式にも対応ができる斎場になっています。

詳細を読む

葬儀のあり方

合掌

昔は、とにかく立派なお葬式をあげることが故人の供養になると考える人が多かったのですが、最近ではそのような考え方をする人がほとんどいなくなりました。その結果、余計な費用や手間がかからない直葬式を営む人が少しずつ増えてきています。

詳細を読む

残された者が楽な葬儀

葬儀のスタイル

葬式

最近の葬儀のスタイルは様々なものがあります。かつては各家庭で行う葬儀が一般的でしたが、今ではそのような葬儀のスタイルはほとんどありません。田舎の方では家庭でお通夜や葬式をおこなうところがありますが、都会の場合、人が集まれるほど住宅が大きくありません。そのため、最近の葬儀はほとんどの場合セレモニーホールなどを活用して行われます。そもそも葬儀は故人のための儀式と言いつつも残された人が行わなければならない儀式です。そのため、昔は大々的に行われることがほとんどでしたが、最近では残されたものだけで家族葬の形で行われることも少なくありません。特に高齢になって亡くなった方の場合、関係者も高齢になっているため、葬儀に参加することもままなりません。

身内だけを呼ぶ場合

家族葬にすることによって身内だけで故人を弔うことができます。たくさんの人を葬儀に招く場合には、それらの出席者の対応だけで疲れます。その点、家族葬であれば身内だけの集まりですから気楽に対応することができるのです。家族葬のスタイルを取る人が増えてきましたが、家族葬にも様々な形があります。通夜だけは自由に参加してもらい、葬式には身うちだけ呼ぶパターンが多いようですが、呼ぶ身内の範囲もいろいろあります。本当に近親者である親兄弟だけを呼ぶ場合もあれば、親族であればみんな呼んでいるような場合もあります。いずれにしても、葬儀は残されたものが執り行うものであり、その主催者がどのようなスタイルで行うか決めることになります。